歯磨きの重要性⑤「歯磨き指導の重要性」

BLOG

専門家(歯科医師・歯科衛生士)による口腔清掃指導(歯磨き指導)と清掃により、患者自身によるブラッシングによってプラークの付着を減少させることは出来るか?

 答 DeVore CH, Beck FM, Horton JE 1990

によると、出来ます。

初診時から治療期間中、治療終了後において様々なタイミングで十分な時間をかけて口腔清掃指導を行うことで

プラークの付着を大幅に減少(50%程度)させることができる。

特に歯間部のプラークは他の部位に比べて明らかに残存しやすいことも分かった。

 

このことから、ひのまる歯科では中等度から重度歯周炎の患者さんには

何度も歯磨きについてのチェックを行っています。

自分で自分の健康を守れるようになる事が何よりも重要です。

一覧に戻る

関連記事

  • 財布を拾ってくださった方、ありがとうございます!!

    BLOG
  • 今日は子供の運動会です。

    BLOG
  • 運動会で玉入れしました。

    BLOG
  • ひのまる歯科について
  • 診療科目
  • 医師紹介
  • 院内紹介
  • TOPICS
  • 予防歯科について
  • インプラントについて
  • かみ合わせ治療について
  • アクセス
  • お問い合わせ

TOPICS

TOPICS
  • BLOG

    年末年始のお休みについて

    2021.12.27

  • BLOG

    歯磨きの重要性⑤「歯磨き指導の重要性」

    2021.12.13

  • BLOG

    歯磨きがの重要性④「歯周外科手術後の口腔清掃とメンテナンスの重要性」

    2021.12.13

  • BLOG

    歯磨きの重要性③「歯周病の手術前後で歯磨きが不十分だとどうなるの?」

    2021.12.13

文京区千駄木歯医者ひのまる歯科ページトップへ

ご予約・お問い合わせ

お問い合わせフォーム
診療時間 日・祝
10:00~13:00 休診 休診
14:30~19:00 休診 休診
9:30~12:30 休診   休診
13:30~17:30 休診   休診