歯磨きの重要性① 「歯周病は治るの?」

BLOG

徹底したプラークコントロール(歯磨き)にて重度歯周炎は「治癒」に導けるか?

 

Lindhe J and Nyman S. 1975

歯周治療終了後5年目までを追った研究で、プラークフリーを維持できる75名の重度歯周炎患者(50%かそれ以上のアタッチメントロスを有する)が被検者として選ばれた。

適切な治療後3~6か月ごとにリコールを行った。

患者の協力が得られ、プラークフリーの口腔内が維持されれば、重度歯周炎であっても治療可能である。

綿密なプラークコントロールによって更なる歯周組織の破壊を予防できる。

 

歯を支える骨が半分かそれ以上失ってしまっても、

適切な治療と毎日の歯磨き、そしてメンテナンスを徹底すれば

歯を維持することが出来ます。

一覧に戻る

関連記事

  • 財布を拾ってくださった方、ありがとうございます!!

    BLOG
  • 今日は子供の運動会です。

    BLOG
  • 運動会で玉入れしました。

    BLOG
  • ひのまる歯科について
  • 診療科目
  • 医師紹介
  • 院内紹介
  • TOPICS
  • 予防歯科について
  • インプラントについて
  • かみ合わせ治療について
  • アクセス
  • お問い合わせ

TOPICS

TOPICS
  • BLOG

    年末年始のお休みについて

    2021.12.27

  • BLOG

    歯磨きの重要性⑤「歯磨き指導の重要性」

    2021.12.13

  • BLOG

    歯磨きがの重要性④「歯周外科手術後の口腔清掃とメンテナンスの重要性」

    2021.12.13

  • BLOG

    歯磨きの重要性③「歯周病の手術前後で歯磨きが不十分だとどうなるの?」

    2021.12.13

文京区千駄木歯医者ひのまる歯科ページトップへ

ご予約・お問い合わせ

お問い合わせフォーム
診療時間 日・祝
10:00~13:00 休診 休診
14:30~19:00 休診 休診
9:30~12:30 休診   休診
13:30~17:30 休診   休診