歯周病罹患歯の歯周組織の安定の予測について

BLOG

歯周病罹患歯の予後に関する文献をレビューし、新しい評価システムの提唱です

Kwok V,Caton JG2007

前回のMcGuire MK 1991の研究では

抜歯によって歯を失うか否かを判定の基準としていました。

今回の文献は、歯を支える骨が失われてしまうか否か

『歯周組織の安定』を基準に作られています。

また、今後の予測として

5年後の歯周組織の状態を短期

10年後の歯周組織の状態を長期

として評価しています。

また、再評価が重要であり

再評価の度に予後の評価が変わっても良い。

そのため、検査を行う度に予後判定を行うことが推奨されています。

 

 

当院では、ステージⅡ~Ⅳ(中等度~重度)の歯周炎の患者さんには

必要に応じて治療前の検査時に予後判定を行います。

治療後も再検査・再評価の度に予後の判定を行っております。

 

 

一覧に戻る

関連記事

  • 財布を拾ってくださった方、ありがとうございます!!

    BLOG
  • 今日は子供の運動会です。

    BLOG
  • 運動会で玉入れしました。

    BLOG
  • ひのまる歯科について
  • 診療科目
  • 医師紹介
  • 院内紹介
  • TOPICS
  • 予防歯科について
  • インプラントについて
  • かみ合わせ治療について
  • アクセス
  • お問い合わせ

TOPICS

TOPICS
  • BLOG

    前歯の深いところの歯石はどうやって除去するのがよいのか?

    2021.01.19

  • BLOG

    生花

    2021.01.18

  • BLOG

    奥歯の歯茎の深いところの歯石はどうやって除去するのがよいのか?

    2021.01.18

  • BLOG

    歯茎の深いところの歯石を除去する時に、外科処置と非外科処置で効果はどれくらい異なるか?

    2021.01.15

文京区千駄木歯医者ひのまる歯科ページトップへ

ご予約・お問い合わせ

お問い合わせフォーム
診療時間 日・祝
10:00~13:00 休診 休診
14:30~19:00 休診 休診
9:30~12:30 休診   休診
13:30~17:30 休診   休診