レントゲン写真撮影で歯石の有無を確認

BLOG

レントゲン写真にて歯石の検出が行えるのかを調べた研究です。

 

1987年 Buchanan SA

レントゲン写真にて歯石が観察されたら91.8%の確率で実際にあった

レントゲン写真にて歯石が観察されなかったら46.3%の確率で実際に無かった

 

このことから、レントゲン写真にて歯石が写っていたら

ほぼ確実に『ある』と考えて良く

写っていなくても『無いとは限らない』と考えます。

そのため、歯茎の深いところにある歯石除去を行った後にはレントゲン写真撮影を行います。

歯石の残存が認められたら、再度歯石除去を行うか

別の治療方法(フラップ手術)にて歯石除去を行うかを考えて決めます。

 

 

 

一覧に戻る

関連記事

  • 財布を拾ってくださった方、ありがとうございます!!

    BLOG
  • 今日は子供の運動会です。

    BLOG
  • 運動会で玉入れしました。

    BLOG
  • ひのまる歯科について
  • 診療科目
  • 医師紹介
  • 院内紹介
  • TOPICS
  • 予防歯科について
  • インプラントについて
  • かみ合わせ治療について
  • アクセス
  • お問い合わせ

TOPICS

TOPICS
  • BLOG

    花台を選んできました。

    2021.03.22

  • サインをいただきました!!

    2021.03.03

  • BLOG

    歯茎の深いところの取れない歯石は何度やっても取れない

    2021.02.04

  • BLOG

    同じ条件で、同じ治療行えば何回行っても結果は同じ

    2021.02.03

文京区千駄木歯医者ひのまる歯科ページトップへ

ご予約・お問い合わせ

お問い合わせフォーム
診療時間 日・祝
10:00~13:00 休診 休診
14:30~19:00 休診 休診
9:30~12:30 休診   休診
13:30~17:30 休診   休診