奥歯に食べ物が挟まりやすいと、歯周病は進行するの?

BLOG
臼歯部のオープンコンタクトと歯周病との関係

奥歯に食べ物が挟まりやすいと、歯周病は進行するの?

 

答 『進行します』

Jernberg G, Bakdash M: Relationship between proximal tooth open contacts
and periodontal disease. J Periodontol 54:529-533, 1983.

奥歯でフロスがスカスカ通るような場所で、食べ物が挟まる場合は歯周病が進行しやすいです。

不適切な詰め物や被せ物の形が原因なら再治療をすること。

歯の位置、歯並びが原因なら矯正治療が歯周病治療の一環として行うことになります。

 

歯の隙間が空いている(オープンコンタクト)歯で、プロービング深さ(0.27mm)アタッチメントロス(歯を支える骨の喪失)0.48mmの有意な増加が認められた。

また、歯の隙間が空いている歯は、食べ物が挟まる・咬み合わせが不適切な状態が有意に多く観察されました。

一覧に戻る

関連記事

  • 財布を拾ってくださった方、ありがとうございます!!

    BLOG
  • 今日は子供の運動会です。

    BLOG
  • 運動会で玉入れしました。

    BLOG
  • ひのまる歯科について
  • 診療科目
  • 医師紹介
  • 院内紹介
  • TOPICS
  • 予防歯科について
  • インプラントについて
  • かみ合わせ治療について
  • アクセス
  • お問い合わせ

TOPICS

TOPICS
  • BLOG

    第3回 声のコンサート体験会を開催します

    2021.07.04

  • BLOG

    歯ブラシ、歯磨剤、洗口液について

    2021.06.17

  • BLOG

    花を生けました

    2021.05.20

  • BLOG

    令和3年ゴールデンウイーク休暇のお知らせ 

    2021.04.23

文京区千駄木歯医者ひのまる歯科ページトップへ

ご予約・お問い合わせ

お問い合わせフォーム
診療時間 日・祝
10:00~13:00 休診 休診
14:30~19:00 休診 休診
9:30~12:30 休診   休診
13:30~17:30 休診   休診