鹿の顎骨から考察

BLOG
鹿の顎骨から考察

野生の鹿の顎骨です。

スパイスバルコザブロ さんで見つけました。

 

臼歯から前歯にかけて広範囲に歯の損耗。

咀嚼運動によるものでしょう。

 

強い咬合力が日常的に加わっていると予測されるが 歯頸部にアブフラクションは無い。

やはりアブフラクションは“咬合力だけ”では起こらない。

歯周病も虫歯もない。何でだろう...?

 

この鹿は何歳だったのだろうか?

このペースで歯が失われると、何歳で歯はペタペタになり咀嚼が困難になるのだろうか?

咀嚼が困難になったら、野生では生きていけないでしょう。

 被せ物で歯の形を再現できれば出来れば、寿命は延びるかな?

他の臓器の限界はどこだろう?

そんなことを考えながら、限定の美味しいビリヤ二食べました。

一覧に戻る

関連記事

  • 財布を拾ってくださった方、ありがとうございます!!

    BLOG
  • 今日は子供の運動会です。

    BLOG
  • 運動会で玉入れしました。

    BLOG
  • ひのまる歯科について
  • 診療科目
  • 医師紹介
  • 院内紹介
  • TOPICS
  • 予防歯科について
  • インプラントについて
  • かみ合わせ治療について
  • アクセス
  • お問い合わせ

TOPICS

TOPICS
  • BLOG

    年末年始のお休みについて

    2021.12.27

  • BLOG

    歯磨きの重要性⑤「歯磨き指導の重要性」

    2021.12.13

  • BLOG

    歯磨きがの重要性④「歯周外科手術後の口腔清掃とメンテナンスの重要性」

    2021.12.13

  • BLOG

    歯磨きの重要性③「歯周病の手術前後で歯磨きが不十分だとどうなるの?」

    2021.12.13

文京区千駄木歯医者ひのまる歯科ページトップへ

ご予約・お問い合わせ

お問い合わせフォーム
診療時間 日・祝
10:00~13:00 休診 休診
14:30~19:00 休診 休診
9:30~12:30 休診   休診
13:30~17:30 休診   休診