ひのまる歯科が予防を基本として治療を行う理由

BLOG
文京区千駄木歯医者ひのまる歯科

虫歯でも歯周病でも、病気になってしまう原因があって発症しています。

 例えば、虫歯がありました。

虫歯で穴が空いたところを、

どんな方法で治そうか?

どんな材料を使用して埋めるのか?

これは、大事なことです。

 

しかし、病気になってしまうお口の中の環境、生活習慣が同じであれば

また同じように虫歯を繰り返します。

 

病気を見つけて早めに治療を行うことは、病気の発症・進行を止めることではありません。

患者さんの口腔内に合わせて、適切な予防処置(メンテナンス)を行わなければ、

病気を繰り返し、治療を行い続け歯を失い続けます。*(1(2

 

 虫歯や歯周病、歯のすり減り等の新たな疾患の発症を予防するには

適切な治療を受けること、ブラッシングやフッ化物の使用、食生活などの生活習慣等の行動が大切です。

 *(3(4(5(6(7(8(9(10(11(12(13

 

治療を受けること以外は、診療所外でのことです。

ひのまる歯科では予防についてお伝えする時には

 

『自分の健康は自分で守る』

 

 これを前提にお話をします。

 患者さんには、正しい知識と手に入れられるよう

時間をかけて虫歯や歯周病になってしまう原因、なりやすい環境、防ぐ方法についてお伝えします。

 それから、お口の中の環境と生活環境や患者さんの希望を含め、それぞれの患者さんに適した方法を一緒に考えます。

 多少時間がかかりますが、大切な歯を守るために行っております。

 

ひのまる歯科では上記のような診療方針にて診察を行っております。

虫歯がある、歯周病が心配、その他歯のこと、

お口の中の事についてもっと詳しく知りたいという方は

電話 03-5809-0707

または

お問い合わせフォームより

お気軽にお問い合わせ下さい。

 

 

1)Elerton RJd (2001)Medical Principles and Practice October 2-4

2)Axelsson,P.,Nystrom B,Lindhe J.:The long-term effect of a plaque control program on tooth mortality, caries and periodontal disease in adults. Results after 30 years of maintenance. J Clin Periodontol. 2004 Sep;31(9):749-57.

3)Featherstone JD, Domejean-Orliaguet S, Jenson L, Wolff M, Young DA: Caries risk assessment in practice for age 6 through adult. J Calif Dent Assoc. 2007 Oct;35(10):703-7, 710-3. 

4)Featherstone JD, Singh S, Curtis DA: Caries risk assessment and management for the prosthodontic patient. J Prosthodont. 2011 Jan;20(1):2-9.

5)Fontana M, Young DA, Wolff MS: Evidence-based caries, risk assessment, and treatment. Dent Clin North Am. 2009 Jan;53(1):149-61.

6)Yip K, Smales R: Oral diagnosis and treatment planning: part 2. Dental caries and assessment of risk. Br Dent J. 2012 Jul 27;213(2):59-66.

7)American Academy of Periodontology Task Force Report on the Update to the 1999 Classification of Periodontal Diseases and Conditions. J Periodontol. 2015 Jul;86(7):835-8.

 8)McGuire MK: Prognosis versus actual outcome: a long-term survey of 100 treated periodontal patients under maintenance care. J Periodontol. 1991 Jan;62(1):51-8.

9)Dzakovich JJ, Oslak RR: In vitro reproduction of noncarious cervical lesions. J Prosthet Dent. 2008 Jul;100(1):1-10.

10)Dzakovich JJ, Oslak RR: In vitro reproduction of incisal/occlusal cupping/cratering. J Prosthet Dent. 2013 Jun;109(6):384-91.

11)Harpenau LA, Noble WH, Kao RT: Diagnosis and management of dental wear. J Calif Dent Assoc. 2011 Apr;39(4):225-31. 

12)Verrett RG: Analyzing the etiology of an extremely worn dentition. J Prosthodont. 2001 Dec;10(4):224-33.

13)Loomans B, Opdam N, Attin T, Bartlett D, Edelhoff D, Frankenberger R, Benic G, Ramseyer S, Wetselaar P, Sterenborg B, Hickel R, Pallesen U, Mehta S, Banerji S, Lussi A, Wilson N: Severe Tooth Wear: European Consensus Statement 
on Management Guidelines. J Adhes Dent. 2017;19(2):111-119.

一覧に戻る

関連記事

  • 財布を拾ってくださった方、ありがとうございます!!

    BLOG
  • 今日は子供の運動会です。

    BLOG
  • 運動会で玉入れしました。

    BLOG
  • ひのまる歯科について
  • 診療科目
  • 医師紹介
  • 院内紹介
  • TOPICS
  • 予防歯科について
  • インプラントについて
  • かみ合わせ治療について
  • アクセス
  • お問い合わせ

TOPICS

TOPICS
  • BLOG

    マウスピースでの矯正治療

    2019.10.21

  • BLOG

    小学校で給食を食べてきました。

    2019.09.18

  • BLOG

    歌曲コンサートに行ってきました。

    2019.09.18

  • BLOG

    宮尾綾香選手の試合を観戦してきました!!

    2019.09.14

文京区千駄木歯医者ひのまる歯科ページトップへ

ご予約・お問い合わせ

お問い合わせフォーム
診療時間 日・祝
9:30~12:30 休診 休診
13:30~20:00
土曜のみ17:30まで
休診 休診