中心位の基準の変わる歴史

BLOG
中心位の基準の変わる歴史

Keshvad A, Winstanley RB (2000): Review: An appraisal of the literature on centric relation. Part II. J Oral Rehab 27:1013-1023.

多くの歯を失ってしまったり

大掛かりな歯科治療により、現在咬んでいる場所がわからなくなってしまう時

模型上で顎の位置や動きを再現して

咬み合わせを決めて、被せものなどを作成します。

その時の基準となる顎の関節の位置は

毎回、同じところに位置付けられて

無理なく咬める位置が求められます。

 

そのような位置を中心位として基準にしています。

その位置って、どこなの?どうやって決めたらいいの?

顎の関節はどんな状態なの?

というのを、長年に渡って研究してきたものをまとめた論文です。

おおまかに、1970年代までと1980代以降では基準が違います。

 

一覧に戻る

関連記事

  • 財布を拾ってくださった方、ありがとうございます!!

    BLOG
  • 今日は子供の運動会です。

    BLOG
  • 運動会で玉入れしました。

    BLOG
  • ひのまる歯科について
  • 診療科目
  • 医師紹介
  • 院内紹介
  • TOPICS
  • 予防歯科について
  • インプラントについて
  • かみ合わせ治療について
  • アクセス
  • お問い合わせ

TOPICS

TOPICS
  • BLOG

    歯周病と糖尿病の関係について

    2020.11.24

  • BLOG

    歯周病と喫煙の関係

    2020.11.23

  • BLOG

    盆栽

    2020.11.18

  • BLOG

    診療室からの景色

    2020.11.11

文京区千駄木歯医者ひのまる歯科ページトップへ

ご予約・お問い合わせ

お問い合わせフォーム
診療時間 日・祝
10:00~13:00 休診 休診
14:30~19:00 休診 休診
9:30~12:30 休診   休診
13:30~17:30 休診   休診