歯磨きの重要性③「歯周病の手術前後で歯磨きが不十分だとどうなるの?」

BLOG

歯周外科手術に際し、その前後で適切なプラークコントロールが行われなかった場合はどうなるか?

 Nyman S, Lindhe J, and Rosling B. 1977

 によると

プラーク(歯の周りの汚れ)の堆積は手術の結果に大きな影響を与えた。

2年以上の長期的で良好な予後は、メンテナンスと良い口腔衛生状態に左右される。

歯周病治療は十分な口腔衛生が得られない場合には意味がない。

 

大掛かりな手術を行っても、歯磨きが不十分では健康な状態を長く維持することは難しいです。

どんな治療を行っても、健康な歯茎を維持するには適切な歯磨きが必要です。

一覧に戻る

関連記事

  • 財布を拾ってくださった方、ありがとうございます!!

    BLOG
  • 今日は子供の運動会です。

    BLOG
  • 運動会で玉入れしました。

    BLOG
  • ひのまる歯科について
  • 診療科目
  • 医師紹介
  • 院内紹介
  • TOPICS
  • 予防歯科について
  • インプラントについて
  • かみ合わせ治療について
  • アクセス
  • お問い合わせ

TOPICS

TOPICS
  • BLOG

    ゴールデンウイークのお休みについて 2022年5月1日~2022年5月5日 休診致します。

    2022.04.26

  • BLOG

    年末年始のお休みについて

    2021.12.27

  • BLOG

    歯磨きの重要性⑤「歯磨き指導の重要性」

    2021.12.13

  • BLOG

    歯磨きがの重要性④「歯周外科手術後の口腔清掃とメンテナンスの重要性」

    2021.12.13

文京区千駄木歯医者ひのまる歯科ページトップへ

ご予約・お問い合わせ

お問い合わせフォーム
診療時間 日・祝
10:00~13:00 休診 休診
14:30~19:00 休診 休診
9:30~12:30 休診   休診
13:30~17:30 休診   休診