根の治療について

根の治療について
詳しくご説明します。

待ち時間がゼロの完全予約制です。

かみあわせ(顎関節症)

ご予約・お問い合わせ

診療時間
平日 9:30 ~ 12:30 / 13:30 ~ 20:00
土曜 9:30 ~ 12:30 / 13:30 ~ 17:30
休診日 木曜/ 日曜

お問い合わせフォーム

歯内療法とは

「シナイリョウホウ」と聞くと、ちょっと分かりにくいでしょうが、「歯内療法」という字をみていただくと、 想像していただけるでしょう。歯内療法とは文字通り、「歯の内部の治療」のことをいいます。ですから本来の 広い意味の定義では、むし歯(う蝕)の治療をして、セメントなどをつめることも含まれます。しかし、通常は、 歯の根の中の管(これを根管といいます)に関した治療を、歯内療法と呼んでいます。

歯は、人体の中で一番硬い組織ですが、その中には、俗にシンケイと呼ばれている歯髄という軟らかい組織が あって、根の先のほうの小さな孔で、あごの骨の中の神経や血管とつながっています。この歯髄が、むし歯(う蝕 )や外傷で、細菌の感染を受けたような場合には、歯がひどく痛んだり、歯肉が腫れたりします。このような時に、 もし、その歯を救い、さらに長い間機能させたいと思うならば、歯髄の一部や全部を除去して歯を残すような治療 をしなければなりません。そこで、歯内療法が行われるのです。

一般には、歯の神経の治療と言われ、歯を支える土台としての根(根管)の処置なので、根管治療(コンカンチリョウ)という治療法を行います。 歯を保存したいという気持ちと、そのための良い方法を探究し続ける努力から生まれたこの『歯内療法(根管治療)』により、 みなさんの歯を更に長生きさせることができます。

出典:日本歯内療法学会

歯内療法(根管治療)に関するFAQ

根管治療についてのFAQ

歯内療法(根管治療)の疑問にお答えします

Q. 根管治療(歯内療法)ってなんですか?

A. 歯の根の中の神経や血管など(あわせて歯髄と呼ばれます)が通っている管を根管と言います。 歯髄は根の先端から歯の中に入り、歯の成長発育に重要な役割を果たします。しかし、成人になり歯が成長したあとは、歯髄がなくても根のまわりからの栄養供給によって歯は生存できます。

歯の根の治療である根管治療(歯内療法とも呼ばれます)は歯髄が炎症や感染を起こした時に必要になります。 原因は深い虫歯、歯の亀裂、外傷などです。炎症や感染をそのまま放置しておくと、歯が痛んだり、根の周囲の組織に炎症が広がったり、歯肉が腫れたりします。場合によってはリンパ節が腫れたり発熱したりと全身的にも影響が出ることもあります。根管治療によって、これらの症状が軽減したり、治癒したり、予防できたりするのです。

根管治療では、痛んだ歯髄を除去して、根管を注意深く清掃し、再度の感染を防ぐために根の中に詰め物をします。このように歯髄を除去する治療法を抜髄と呼びます。一方、以前に根管治療が終了している根が再び感染してしまった場合にも、根管治療が行われます。この場合の治療法は、感染根管治療と呼ばれます。

Q. なぜ、根管治療は大切なの?

A. う蝕(むしば)によって破壊された歯であっても根管治療によって保存することで、 もとの歯と同じく咬む力に耐え、永く機能することができます。 根管治療後の経過が思わしくない場合、被せた冠ならびに義歯もろとも歯を台なしにしてしまいます。

この様な事態を招かないよう根管治療では、痛みや、歯肉の腫れ、 歯の外観を注意深く観察し、さらにX線写真による診査、感染の状態を知る為の診査など、 必要と思われる事柄を全て調べます。その結果をもとに病状の原因となる歯の根の中心を通る細い管“根管”の処置を行います。

根管は直経1mm以下と非常に細く、しかも硬くなった部分や、 わん曲しているものがあります。根管治療ではこれら根管に対して、小さな器具を完全に通過させ清掃し、形態を整える非常に高度な作業が行われます。質の高い治療を提供するためのトレーニングと、 高度な技術が必要であることがおわかりいただけると思います。

根根管の治療が不完全であったり、新たな感染や損傷が起こった場合は、 再治療が必要となります。しかし、現在の治療技術を持ってすれば、 90%以上の確率で歯を救う事が出来ます。

根管治療の考え方からすれば、「歯を抜く」ということは、 非常に稀なことです、結果として「歯を残す」ということが、いかに大切であるか、 そして、健康であることの大切さを一本の歯が教えてくれると思います。

Q. 根管治療はこわいですか?

A. いいえ、よく理解することでそのようなことはないのがわかるでしょう。

根管治療は、例えれば歯を保存するために無くてはならない基礎工事です。つまり、ビルの基礎工事のようなものです。

まず、ムシ歯になった部分を削り取って、歯の神経(歯髄)のあるところまで穴をあけます。そして、ばい菌が侵入し変質してしまった歯髄を除去して、神経の通っている穴(歯髄腔)と、それにつながる根の中の管すなわち根管の壁を少し削りながら、全体をきれいに清掃します。歯髄腔の形や根管の数や形は、歯の状況により皆違います。しかもこの作業は狭い口の中で、かつ直接みることの難しい歯の中での10ミクロン単位での細かい作業です。根管治療は歯科治療の中でも相当な技術を必要とするのです。

その後、その空間をすき間なく害のない材料で満たし歯にあけた穴の部分も金属などで補強し塞いでしまいます 。 歯が今後長く機能する為の基礎工事がこれで終了したことになります。

Q. 神経をとる必要があると言われたのですが?

A. 根の中の神経にはある程度の抵抗力はあります。しかし、神経が狭い空間に入っていることや 神経が根の中に入って来る部位が狭く血管が豊富でないなどの理由で、一度神経に炎症が生じるとそのまま死んでいくことが多いです。激しい痛みがあったり、神経の部屋が見えてしまうくらい大きな虫歯があったりする場合は神経をとる必要があります。

痛んでいた歯の神経が死んでいくと、一時的に痛みは和らぐこともあり、 患者様が感じる症状と歯の状態が一致しないこともあります。不安な場合はお気軽にご相談下さい。

Q. 神経をとるのに大きな穴が開くのですが、あんなに削ってだいじょうぶですか?

A. 歯は構造上内部が軟らかいので、虫歯は外から見えている以上に中で広がっていることが多いです。 そこで悪いところはすべて取り、さらに残った部分がかみ合わせの力で割れないように 形を整えると大きな穴が開いたように感じますが、歯を残して治療していくために必要な処置です。

Q. 虫歯を取るために、歯肉を切る必要があると言われました。そのような処置は必要なのでしょうか?

A. 根の治療のためにはまず虫歯を取りきる必要があります。虫歯は歯の中を進行して行きます。歯肉より下の部分の歯がむし歯になっていると、虫歯を取ることにより歯肉から出血して確実な処置ができなくなったり、あとでかぶせや詰め物が入らなくなったりします。そこで、麻酔をして歯の周りの歯肉を切り取った後、虫歯を取りきる処置を行う場合もあります。歯肉の傷は時間の経過とともに治っていきます。

Q. 神経を殺す薬が入っていると言われましたが、顎の骨は大丈夫でしょうか?

A. 根管治療ではさまざまな薬を根の中に入れて治療をします。 通常、指示された日に来院すれば問題ありません。キャンセルなどをして治療が延びないようにして下さい。

Q. 根の先に病気ができていると言われたのですが?

A. 口の中から根管に細菌が入って増殖すると、根の先端の歯髄の入り口を通ってからだの中に細菌が広がります。細菌などが入ってくるとからだは免疫反応で対応します。

感染が強い場合は比較的早期に腫れたり痛みが出たりします。しかし、根の中の感染はからだに対して弱い慢性的な刺激となることが多いため、からだは内部に細菌が入ってこないように堤防のような防御帯を作ります。 これが根の先にできる病気(根尖病変)としてエックス線で確認されます。根の先の周りの骨が溶けるので、エックス線写真では黒く写ります。多くの場合、病気の初期の段階では症状はありません。原因は根の中の細菌などの感染なので、根の中を掃除する根管治療が治療の第一選択になります。

根尖病変は慢性的な経過をとることも多いので、治療に関してお気軽にご相談下さい。

Q. 根の先に病気ができているけれど確実に治るとは限らないと言われたのですが、どうしてですか?

A. 根の先にできた病気の原因は根管の中の細菌であり、根管治療ではそれを取り除く治療を行います。しかし、歯の根管はまっすぐな管ではなく、曲がっていたり、枝分かれしていたりするため、一度細菌に感染してしまった根管を完全に無菌化することは非常に困難です。また、根の先が溶けてしまい根の表面に細菌が住み着いてしまう状態になることもあります。この状態では根管からの掃除では細菌を取り除くことができません。その他さまざまな原因で、一度症状が治まっても再発する場合もあります。これまでの報告では根の先に病気のある歯の根管治療の成功率は、60~80%程度とされています。したがって、確実に治るとは限らないという表現になったと思われます。歯の状態はそれぞれの歯によって異なりますので、お気軽にご相談下さい。

Q. 治療期間中にすごく腫れたのですが、大丈夫ですか?

A. 根の先はからだの中につながっていますので、根の中の細菌などの感染源を除去する根管治療では、一時的に細菌などがからだの中に入ります。するとからだの方では入ってきた細菌などに対して免疫反応が生じて、からだの均衡を保とうとします。この反応の結果、歯がしくしくしたり浮いた感じがしたり、場合によっては根の先の歯肉が腫れたりすることがあります。症状が軽度なものは3~4割程度の確率で生じるとされ、通常は1週間程度で自然に治まります。一方、残念ながら根の先の歯肉が腫れたり、ズキズキした痛みを伴う症状(フレアーアップと呼ばれています)が生じることも数%の確率であります。この場合は洗浄や抗生物質や鎮痛剤の服用などの処置が必要になります。いずれの症状が出ても、根管治療の成功率には影響がないとされています。主治医とよく相談して治療を最後まで続けて下さい。

Q. 根の治療のあとに削ってかぶせると言われたのですが?

A. 根の治療(根管治療)を行うと、歯は筒状になり、かみ合わせの力などの外力により割れやすくなります。そこで、かみ合わせの力を分散させるために歯を削って歯をおおうようにかぶせる治療が 一般的に選択されます。歯に接着する材料の進歩により、前歯などではかぶせるのではなく穴を詰める治療が行える場合もあります。ただし、神経を取った歯は詰め物が欠けても痛みが出にくいので虫歯が進行しても気づかず、大きな割れにつながってしまうこともあり、注意が必要です。いずれにしても、根管治療が終了した歯を長持ちさせるためには定期的な検診が重要です。

Q. 根の治療が終わっても咬むときに痛むのですが?

A. 根の治療で歯の内部の神経は取り除きますが、歯のまわりにも神経があります。根の治療後程度の差はありますが、このまわりの神経に一時的に痛みが出たり過敏になったりすることがあります。もともと痛みが続いていた歯の場合は、しばらく痛みが続く場合もあります。主治医の先生に経過を診てもらって下さい。

Q. 根の中に土台が入っていて治療が出来ないと言われました。歯肉を切って根の先の手術をすると言われましたが、どのようにするのでしょうか?

A. 歯の中にしっかりとした土台が入っている場合、再治療のために土台を除去しようとすると根にヒビが入ったり、折れたりすることがあります。歯を長持ちさせるためのメリットがあると考えられる場合に、通常の歯の頭の方からではなく、逆に根の先(根尖)の方から治療する手術法があります。歯根尖切除法と呼ばれています。歯肉を切開して根の先から感染した部分を取り除きます。

Q. 根の先が溶けていて、根の中からの治療では治らないので、歯肉を切って根の先の手術をすると言われましたが、どのようにするのでしょうか?

A. 根の先が病気により溶けることがあります。その場合、根の中を歯の頭の方から治療する根管治療では、溶けた根の先の周辺の感染した部分を取り切れないことがあります。歯を長持ちさせるためのメリットがあると考えられる場合に、通常の歯の頭の方からではなく、逆に根の先(根尖)の方から治療する手術法(歯根尖切除法)が あります。歯肉を切開して根の先から感染した部分を取り除きます。

Q. 根の中に金属が入っていると言われたのですが?

A. 根の中の根管は曲がっていたり、枝分かれしていたりするため、治療用の器具が途中で折れて根管の中に残ることがあります。研究報告では、数%の確率で生じるとされています。根管治療に使用する器具は通常、ステンレス製かニッケルチタン製であり、根管の中に残っても溶けたり腐蝕したりすることはなくほとんど変化しないと考えられます。したがって、根の中に金属が入っていること自体がからだに影響をおよぼすことはほとんどありません。

一方、根管治療が成功するかしないかは、細菌などの感染物質が根管にどの程度存在し、それがからだにどれくらい影響するかにより決まります。 これまでの報告では根管の中の金属の存在の有無は治療成績に影響しないとされています。

治療においては、金属を除去できる場合は除去を試みます。 しかし、除去することによって根を傷めてしまう恐れがある場合はあえて除去せずに 根管治療を完了する場合もあります。主治医とよく相談して下さい。

出典:日本歯内療法学会

神経を取った歯は割れやすい

ひのまる歯科だけではなく、全ての歯科医師が「歯を残そう、歯を守ろう」と強く願っています。しかし、歯の根が割れて困ってしまった時歯を抜く以外の治療方法は難しいです。

歯を長く保つために何としても、あらゆる手を尽くして守りたいと考えている大切なものの一つは「歯の神経」です。

神経を取ってしまうとどうしても、歯を削る量が増えて根が割れやすくなります。よって、神経を保存することが大切なわけです。

神経を失う一番の原因は虫歯です。一度失った神経も歯も二度と戻ってきません。ですから、ひのまる歯科は予防を軸として診療を行っています。

全ては、患者さんがお口の健康を手に入れて長く快適な生活を送れるようにするためです。

診療科目

診療科目
ホワイトニング
ホワイトニング
インプラント
インプラント
かみ合わせ治療
かみ合わせ治療
一般治療
一般治療
予防歯科
予防歯科
歯科矯正
歯科矯正
詳しくはこちら詳しくはこちら

歯とお口の豆知識

TOPICS
  • 歯科医院をお探しの方へ
  • 歯科に恐怖心がある方へ
  • 歯科の予約の取り方
  • 治療の方針の決め方
  • 治療方法を選ぶこと
  • 妊娠中の方へ
  • 赤ちゃんのお口のケア
  • 小児歯科治療時について
  • 予防歯科について
  • 治療と予防
  • インプラントについて
  • インプラント治療の注意点
  • インプラントのQ&A
  • インプラントって良いの?
  • 下顎の奥歯のインプラント
  • 上顎の奥歯のインプラント
  • 上顎の前歯のインプラント
  • ホワイトニングについて
  • 歯の色が気になる
  • 審美歯科治療について
  • 審美歯科治療の治療順序
  • 歯科矯正について
  • 子供の矯正について
  • かみあわせ治療について
  • 顎関節症について
  • 顎などが痛い時
  • 口臭について
  • 虫歯について
  • 虫歯の治療基準
  • 治療が必要な虫歯
  • 小さな虫歯
  • 根の治療について
  • 神経を取ったのに歯が痛い
  • 知覚過敏について
  • 歯周病について
  • 歯周病の原因
  • 歯周病の検査について
  • 歯周病と詰め物・被せ物
  • 親知らずについて
  • 歯を抜く時
  • 歯を抜きたくない方へ
  • 歯が折れた時
  • 差し歯・冠について
  • 仮歯について
  • 仮歯が取れた割れた時
  • 入れ歯について
  • 入れ歯が合わない
  • 入れ歯の手入れのコツ
  • 詰め物について
  • 詰め物がとれてしまった
  • 金属アレルギーについて
  • 歯ぎしりについて
  • 子供の歯が残ってる方へ
  • 舌痛症について
  • 麻酔をした時
  • 麻酔なしで治療したい方へ
  • X線について
  • ラバーダム防湿
  • 歯型の模型が必要な理由
  • 歯の構造について
  • 治療を中断してしまった
  • 歯茎から血が出る
  • お口の役割
  • 虫歯と歯みがき
  • 歯みがきについて
  • 歯みがきの回数
  • 子供の歯みがき
  • 歯間ブラシ等について
  • 歯の取れない汚れ
  • 自家歯牙移植術
  • 虫歯になりにくいおやつ
  • スマイルデザイン
  • トゥースウェア
  • 治療計画の立て方
  • 治療計画の順番
  • 前歯が短い
  • 美しい見た目の前歯
  • 被せ物と歯茎の形
  • 歯の4大組織

TOPICS

TOPICS
  • BLOG

    歯茎の形

    2019.12.06

  • BLOG

    前歯の並びが美しい?

    2019.12.05

  • BLOG

    3Dスキャナー導入!!

    2019.12.05

  • BLOG

    上の前歯の真ん中(正中)は顔の正中と一致している?

    2019.12.04

  • 笑った時の前歯の並びについて

    2019.12.03

  • BLOG

    前歯の見た目、どれくらい見えているのが「普通」なの?

    2019.12.02

  • BLOG

    令和元年 千駄木三丁目南部町会の餅つきフェスタ

    2019.12.02

  • BLOG

    治療計画は前歯の位置から考えます

    2019.12.01

文京区千駄木歯医者ひのまる歯科ページトップへ

ご予約・お問い合わせ

お問い合わせフォーム
診療時間 日・祝
9:30~12:30 休診 休診
13:30~20:00
土曜のみ17:30まで
休診 休診